ルーレットの基本は数字の構成でタイプが分かれること

ルーレットはカジノの女王

ルーレットは「カジノの女王」と呼ばれており、昔から様々な地域や人々に愛されてきました。主に西欧圏で親しまれており、昨今はオンラインカジノでも人気を博しています。ルーレットには、大きく分けてアメリカンスタイルとヨーロピアンスタイルの2種類があります。前者は「0」と「00」が含まれ、38個の数字で構成されているものです。それに対して後者は、「0」と37個の数字で構成されるものが特徴です。即ち、アメリカンとヨーロピアンの違いは、「00」があるかないかです。当たる確率で言えば、37分の1となるヨーロピアンの方が有利となるわけです。ルーレットの賭け方の基本は、数字等が書かれたシートに自分のチップを置くことになります。

カジノの女王
インサイドベットの種類

ルーレットの基本はディーラーがホイール(回転盤)の中に球を投入し、その球が落ちた数字によって配当が決まります。参加者は好きな数字等に自由にチップを置くことができ、「ノーモアベット」となるまで賭けることが可能です。インサイドベットは、赤枠の場所にかける方法です。ストレートアップは1つの数字を当てる方法で、最高配当の36倍となります。スプリットは隣り合う数字を当てるもので、配当は16倍です。ストリートは横に並ぶ3つの数字にベットするもので、配当は12倍が獲得できます。その他、インサイドベットにはコーナーやダブルストリートなどの賭け方があります。因みにアメリカンスタイルでは、ファイブナンバーという賭け方も存在します。

インサイドベットの種類
アウトサイドベットの種類

ルーレットの賭け方の基本としては、インサイドベットの他にアウトサイドベットがあります。これは、赤枠で囲まれた場所以外のシート上に賭けるものです。カラーは赤か黒の2択で、配当は2倍です。オッド・イーブンは奇数か偶数かを当てるもので、同じく配当は2倍です。因みに「0」や「00」が出た場合は負けとなります。ハイ・ローは1〜18と19〜36を分けた賭け方で、当たれば2倍の配当が獲得できます。ダズンは1〜12と13〜24、そして25〜36の全3パターンによる賭け方となるわけです。ダズンで当たれば、3倍の配当が獲得できます。その他、シート上の列で賭けるコラムがあり、3倍の配当となっています。ルーレットには様々な攻略法がありますが、良く知られた方法としてシフトベット等が挙げられます。

ルーレットの基本は、ディーラーとホイールの特性を観察することが肝心となります。それ故、いきなりベットするのではなく、暫く場も動きを観察することが大事となります。ルーレットはマーチンゲール法なども使えるので、一発逆転のチャンスがあるのも魅力です。

Reply